窒化技術紹介

ウルトラ窒化(Ultra Nitriding)

従来のイオン(プラズマ)窒化の欠点を克服した
ハイブリットプラズマ窒化

従来のプラズマ窒化(イオン窒化)では、径の小さいパイプ形状などの場合、
グロー放電が奥まで届かないため、内径を均一に窒化することができませんでした。
また、彫が深い形状の製品の谷間は、窒化層が薄くなる欠点がありました
(転造ダイスや歯車etc.)。
その欠点を改善し、パイプの内径を均一にし、谷間の形状製品の窒化層が改善することが可能になりました。
独自の技術によりプラズマ窒化を開発、進化した処理がウルトラ窒化(Ultra Nitriding)です。

動画紹介

東海イオンの実績を見る

ステンレスパイプの窒化 (内径φ3×外径φ4×100mm SUS304)

内径・外径両方ともに同じ厚みの窒化層を形成できます。

内径・外径両方ともに同じ厚みの窒化層を形成することができます。

  • 内径と外径が均一にくっきり確認できます!
  • 内径と外径が均一に
    くっきり確認できます!

耐食性を維持した窒化層(S層)も形成できます。

耐食性を維持した窒化層(S層)もできます。

  • 全体写真
  • 拡大写真

ネジの窒化 (M6×20mm SUS316)

ネジの窒化 (M6×20mm SUS316)

ネジ山とネジ谷との比較(同条件の比較)

  • 従来のプラズマ窒化の場合
    従来のプラズマ窒化の場合

    従来のプラズマ窒化の場合、
    山と谷の窒化層の差が大きかった。

  • ウルトラ窒化(Ultra Nitriding)の場合
    ウルトラ窒化(Ultra Nitriding)の場合

    ウルトラ窒化(Ultra Nitriding)の場合、
    山と谷の窒化層の差を改善しました。

山と谷の差

  • 従来のプラズマ窒化:30μm
  • ウルトラ窒化:20μm

硬度分析

硬度分析

ウルトラ窒化(Ultra Nitriding)は、
従来のプラズマ窒化の短所を克服した、
ハイブリットプラズマ窒化!!!

ウルトラ窒化のほうが窒化力もUP!!
ウルトラ窒化のほうが硬化層の厚みがUP!!

page top